2010年8月のサッカー

Index

  1. 08/14 △ 鹿島1-1F東京 (J1・第18節)

鹿島アントラーズ1-1FC東京

J1・第18節/2010年8月14日(土)/カシマサッカースタジアム/BS1

 なんだか油断大敵って試合だった。そして、なによりこれぞ夏──という、そういう試合でもあった気がした。
 この日はマルキーニョスが怪我のため欠場で、興梠と大迫のツートップ。あとは曽ケ端、新井場、岩政、伊野波、ジウトン、中田、小笠原、野沢、フェリペというお馴染みの形。
 マルキの不在にはやや不安があったものの、相手のFC東京はもっと台所事情が苦しかった。梶山、羽生がベンチをはずれて、なんと森重をボランチとして起用するという、かなり強引なフォーメーション。
 ま、森繁のボランチは意外と悪くなかったけれど、それでも内容的には彼をセンターバックに下げて、代わりに今野をボランチに上げた後半の布陣のほうが上手く機能していた気がした。結局、それが最後の同点ゴールにつながったわけだし……。
 ほんとこの試合、アントラーズが前半に興梠のゴール(FKからの見事なジャンピング・ヘッド!)で先制した時点で、これはもう勝ったも同然と思っていた。その時間帯まで、圧倒的にこちらの内容のほうがよかったからだ。こりゃ後半にもう1点くらい取って、楽勝じゃないかと思った。
 ところが、そこはやはり夏の試合。いつまでもそうそういい感じで攻めてはいられない。後半も時間が過ぎるにつれて、運動量が落ちてきて、相手にいい形でボールを持たれる時間帯が多くなる。でもなんとか最後までしのげるだろうと思っていたのに……。
 残り5分でついに守備が破たん。ゴール前でのプレスが緩くなったところを突かれ、今野にまさかの同点弾を許してしまった。う~ん……。
 これで首位を陥落した前節・清水戦での黒星につづいて、2試合連続での白星なし。順位は3位のままとなった(首位は名古屋)。まあ、負けたわけではないし、終盤戦での追い上げを得意とする鹿島としては、いい位置につけていると言えるんだけれど。
 でもやっぱり勝っておきたかったなと。とりあえず興梠のナイスシュートが見られてよかったなと。これで大迫とのアベック弾が見られりゃ、勝利もついてきてなおよかったのにと。そういう試合だった。
(Aug 15, 2010)