Menu

Recent Notes

  1. 『娘は娘』 アガサ・クリスティー
  2. 『痴人の愛』 谷崎潤一郎
  3. 『文士厨房に入る』 ジュリアン・バーンズ
  4. 『青ひげ』 カート・ヴォネガット
  5. 『闇の中の男』 ポール・オースター
    and more...

娘は娘

アガサ・クリスティー/中村妙子・訳/クリスティー文庫/早川書房/Kindle

娘は娘 (クリスティー文庫)

 なかよし母娘のむつまじい関係が母親の再婚話をきっかけに破綻してしまうという話で、感触的には『春にして君を離れ』の親子バージョンみたいな作品。
 序盤の母親が娘の留守中に新しい恋人と出会い、あっという間に結婚を誓いあって……というあたりはごく穏やかなんだけれど、いざその男性と娘が顔をあわせて犬猿の仲になったあたりからあとは、終始ギスギスとした空気が全編に満ちていて、なんともいたたまれない。
 あまり文学的な深みは感じないのだけれど、とにかく読んでいて心が落ち着かない。こんな風に読者の心を乱すのは、それはそれでひとつの文学的な達成かもしれないと思ったりした。
 恋愛そのものよりもむしろ偽善や自己欺瞞を主眼としている点でも『春にして君を離れ』に近い印象だった。まぁ、あれほどの傑作とは思わないけれど。
 少なくてもこの小説はストーリーの軸がしっかりしていてぶれがない。以前のクリスティーのロマンス作品には、いまいち物語としてのまとまりを欠くというか、焦点が定まりきらない印象があったけれど、この小説にはそういう不満はいっさいない。そんなところにクリスティーの小説家としての円熟を感じた。
(Nov. 26, 2018)

痴人の愛

谷崎潤一郎/青空文庫/Kindle

痴人の愛

 最近お気に入りの漫画家・麻生みことの『小路花唄』でオマージュを捧げられていたので、いまさらながら読んでみた谷崎潤一郎の代表作のひとつ。僕が谷崎文学を読むのは、これが『細雪』につづいて二作目。
 『痴人の愛』というタイトルから、僕はこの作品をちょっと白痴気味の美少女の醸し出す天然のエロスにやられた中年男の話かと思っていたら、てんで見当違いだった。
 ヒロインのナオミはどうにもこうにもしたたかだ。幼いころはともかく、いったん男を知ったあとはもう節操なし。どちらかというと、彼女のそのしたたかさ、節操のなさこそが読みどころかと思うくらい。
 なので、ここでの「痴人」が指すのは彼女ではなく、おそらく語り手である男性のほうでしょう。自分を裏切る悪女と知りながら、その美貌に溺れて彼女に隷属してしまう男のダメさ加減をして、「痴人」と称したのだろうと思う。
 とにかく主人公のぐだぐださがなんともいえない心情をかきたてる作品。「美に溺れる」と書いて「耽美」とはよくぞいったと思う。
 まぁ、美しいものに惹かれる心情は尊いと思うけれど、この主人公のように外面的な美しさと肉体的な快楽ばかりに囚われて、内面的な醜さは見て見ぬふりって、そんなのが耽美主義とは思わなかった。
 英米文学と比べると、同じく美に溺れて身を持ち崩す話でも『ドリアン・グレイの肖像』のような凄みはないし、『ロリータ』のような気が狂わんばかりの非凡さもない。身もふたもない言い方をしてしまえば、この小説はひとりの平凡な男が愛欲に溺れて腑抜けてゆくだけの話なわけです。
 同じように美に溺れたり、年の離れた女の子に夢中になる話でも、海の向こうとこっちでは、ずいぶんと勝手が違うもんだなぁと思いました。
(Nov. 23, 2018)

文士厨房に入る

ジュリアン・バーンズ/堤けいこ・訳/みすず書房

文士厨房に入る

 イギリス人作家ジュリアン・バーンズの料理にまつわるエッセイ集。
 わざわざこんな本を出すくらいだから、ジュリアン・バーンズという人は料理に関しては人並み以上の情熱をそそいでいるのだろうけれど、この本を読んでもその熱い思いがほとんど伝わってこない。そのへんが偏屈なイギリス人気質だかなんだか。
 うちの奥さんなんかは、レシピの通りにものを作らないで、適当にアレンジするのが当然と考えている人なので、世の中にはそういう人が多いのかと思っていたけれど、バーンズ氏の場合は料理本のレシピを一言一句、文字通りに再現するのをモットーとしているらしく──やはり文章を書くことをなりわいにしているからだろうか?──、それゆえに絶えずその表現のあいまいさに悩まされることになるらしい。
 ということで、この本を読んで印象に残っているのは、あまたの料理本に関する愚痴ばかり。レシピの通りに作ろうとしても作れたためしがないとか、適量とか書いてあるけれど、適量ってどれくらいだよとか。
 だからこの本を読んでも、登場した料理が食べたくなるとか、みずからも料理に挑戦してみたくなる、なんてことはまったくない(少なくても僕はなかった)。
 さらりと読める文章ではないけれど、かといって文学的な深みがあるでもないし、そういう意味では、ジュリアン・バーンズ氏の私生活の一端をのぞいてみたいとか、料理好き仲間としての悩みを共有したいとかいう人以外にとってはあまり楽しい読みものとはいえないと思われます。
 あと個人的には翻訳がいまいちこなれていないのも気になった。あとがきの文章は自然なので、本文に関してはバーンズ氏の原文にてこずった結果なのかもしれないけれど、単なる文体以外の部分、とくに外来語のカタカナ表記で、「リコリス」を「リカライス」なんて訳していたり、『タイタニック』の主演女優の名前を「ケイト・ウィンズレット」なんて濁音で表記していたりとか、一般的に使われている言葉を無視しているところが気になってしまい、いまいち気持ちよく読めなかった。
(Oct. 28, 2018)

青ひげ

カート・ヴォネガット/浅倉久志・訳/早川書房/Kindle

青ひげ

 ヴォネガットの長編も残すところ三冊となって、なんとなくもったいなくて読まないでいたら、前作から一年半も間があいてしまった。これは過去に読んでもっとも感動的だと思ったヴォネガット作品のひとつ。
 かつては抽象画家としてジャック・ポロックらと並び称されながら、その後不幸な成り行きで落ちぶれて、いまは豪邸で抽象画のコレクションに囲まれながら孤独な生活を営んでいる隻眼の老人ラボー・カラベキアンが、ひとりの女性が人生に介入してきたことによって、心の傷を癒されてゆくというこの作品。
 主人公が開かずの納屋に秘密のなにかを隠しているという設定のために『青ひげ』という物騒なタイトルがついているけれど、ヴォネガット作品のなかでもとびきりハートウォーミングで感動的な結末をもった作品だと記憶していたら、そこにいたるまでの展開はかなりシニカルだった。
 ヴォネガット作品ではおなじみの主人公の手記として語られてゆくカラベキアン老人の半生には、心温まるところはほとんどない。波乱に富んだ彼の人生にはハッピーな出来事だって数多くあったはずなのだけれど、そういう部分にはほとんど触れず、コミカルな語りで失意のエピソードばかりがつづられてゆく。あれ、こんな話だったっけ? と思ってしまった。
 でも逆にそういう話だからこそ『青ひげ』というタイトルなのかなという気もする。でもって、そんなだからこそ、謎が暴露されるクライマックスがなおさら感動的に思えるかもしれない。
 そのクライマックスにしても、『スローターハウス5』などと同じようにヴォネガットの戦争体験が反映されたけっこう苦味のある内容なんだけれど、秘密が暴露されることで主人公がそれまでの苦悩から解放される、その解放感があるからこそ、そこまでの内容との対比でなおさら心を打つんだろう。
 ということで全体的な内容はシニカルながら、ラストで一気にハートウォーミングになるヴォネガット作品のなかでは珍しい読後感をもった作品。
(Oct. 11, 2018)

闇の中の男

ポール・オースター/柴田元幸・訳/新潮社

闇の中の男

 このところのポール・オースターの作品には、かなりの頻度で作中作が登場して、メインのストーリーに平行して、もうひとつの物語が語られる。
 この作品もそのひとつで、主人公の小説家が頭のなかで考えている物語──9.11を知らないもうひとつのアメリカを舞台にした不条理な内戦の話──が同時進行で語られてゆく。でもって、とてもテンションの高いその話が次第にメイン・ストーリーを侵食してゆく。
 このふたつのラインの交錯が、なにが現実か、非現実かよくわからない曖昧模糊とした世界観を突きつけてきて、集中力を書いた状態でいい加減に読んでいたら、途中でなんだかよくわからなくなった。
 前作の『写字室の旅』もよくわからない小説だったので、このところのオースターはまた初期のころのような抽象的な作風へと移行しつつあるのかと思ったら、そんなことはなく──。
 途中でこのサイド・ストーリーが唐突にばっさりと切り落とされ、終盤は主人公の老作家とその孫娘のあいだで交わされる昔語りだけになる。でもって、まごうことなき読みやすさになる。なんなんだ、このいびつな構成は。小説の作法としておかしくない?
 ──と思って、過去のオースターの作品について、自分が書いた感想をチェックしてみれば、そこには毎回のように「いびつ」だ、「いびつ」だと書いている僕がいる。
 あぁ、ポール・オースターってこれまでもずっとこういう小説ばかり書いてきた人なんだなぁって。それを読んで僕は毎回こりゃなんだと思っているみたいだ。
 オースターの小説をそれなりに多く読んでいるのに、そのわりにはいまいち愛着を抱ききれないのは、この独特な作風ゆえなのかなと思った。
(Oct 08. 2018)