Welcome!

更新履歴

2020-05-29『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』 New!
2020-05-27『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』
2020-05-25『Western Stars』
2020-05-23『Kicks』
2020-05-21『シリアスマン』
これ以前の更新履歴はこちら

新譜

Notes On A Conditional Form [Explicit] Banana Skin Shoes I Love The New Sky 葵橋 お勉強しといてよ WAVE [通常盤] [CD] 新世界 Making a Door Less Open [Explicit] Fetch The Bolt Cutters Song For Our Daughter The New Abnormal シン・スチャダラ大作戦

マンガ新刊

1日2回 1 (マーガレットコミックスDIGITAL) MAO(4) (少年サンデーコミックス) ちはやふる(44) (BE・LOVEコミックス) アクタージュ act-age 11 (ジャンプコミックスDIGITAL) ゆうべはお楽しみでしたね 7巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) NとS(3) (デザートコミックス) 弱虫ペダル 67 (少年チャンピオン・コミックス) MFゴースト(8) (ヤングマガジンコミックス) バディドッグ(9) (ビッグコミックス)

読書中

ホーカス・ポーカス

準備中

ハドソン川の奇跡(字幕版) ブラック・クランズマン

巷の噂

Google 検索

Google

最近の拙文

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

マイケル・ドハティ監督/カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン/2019年/アメリカ/WOWOW録画

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(字幕版)

 ゴジラ、モスラ、ラドン、キングギドラが一堂に会する『三大怪獣 地球最大の決戦』のハリウッドによるリメイク版。『キングコング:髑髏島の巨神』でその存在がほのめかされたときからとても楽しみにしていた作品だったのだけれども……。
 これもぜんぜん駄目だった。なんでハリウッドがゴジラを撮るとこんなになっちゃうんでしょう?
 渡辺謙演じるキャラの名前が「芹沢博士」だったり、ゴジラを退治するために使われる秘密兵器が「オキシジェン・デストロイヤー」だったり、モスラを研究するアジア系の女性学者が双子だったり、音楽にゴジラやモスラのオリジナル・スコアが使われていたりと、日本のオリジナル・シリーズへのオマージュたっぷりなのはいい。日本人としては素直に嬉しい(そういえばオープニングで東映のクレジットがどーんと出たのにも驚いた)。
 でも、とにかくシナリオがひどい。なにもかもが行きあたりばったりな感じ。人々の行動原理がデタラメすぎて、興ざめはなはだしい。怪獣映画だからって物語も荒唐無稽でいいってことはないでしょうよ。もっとちゃんとしたシナリオを書いてくださいよ。高い金もらってんでしょうに。
 『ストレンジャー・シングス』のミリー・ボビー・ブラウンがメイン・キャストにいるのも楽しみのひとつだったのに、彼女の行動にもいちいち疑問符がついてばかりだし、こんな話じゃまったく盛り上がれない。
 あと、毎度の話だけれど、やはり今回も怪獣のデザインが駄目。
 いや、ゴジラ、キングギドラ、ラドンは悪くない――最新CGは迫力満点。でもあのモスラだけは駄目でしょう? 手足長すぎて、あれじゃ普通に巨大な昆虫じゃん。仮にも南海の孤島で「神」と崇められる存在なのだから、もうちょっとキュートでないと。「クイーン・オブ・モンスターズ」とか持ち上げといて、あの扱いはひどい。がっかりもいいところ。あと、キングギドラの再生能力が超絶的に高いのも興ざめだった。
 ということで、劇場で観ようか迷ったくらい楽しみにしていた作品なのだけれど、観てみたらはずれもいいところだった。わざわざ映画館で観なくてよかった。もうほんとがっかり。
 次回作は『ゴジラVSコング』らしいけれど、このモンスターバースというシリーズには期待しちゃいけない気がしてきた。
(May. 24, 2020)

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

ジョエル&イーサン・コーエン監督/オスカー・アイザック、キャリー・マリガン/2013年/アメリカ、フランス/WOWOW録画

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(字幕版)

 もう一本つづけてコーエン兄弟の作品。
 1960年代のグリニッジ・ヴィレッジを舞台に、知人の部屋のソファーからソファーへと渡り歩きながらその日暮らしをしている売れないフォーク・シンガーの姿を描いたペーソスたっぷりのコメディ映画。
 その時代のフォーク・シンガーといえば、なによりまずはボブ・ディランだから、主人公はディランをモデルにしているのかと思ったら違う。主人公のルーウィン・デイヴィス――演じるのは『スター・ウォーズ』最新三部作でポー・ダメロン役を務めたオスカー・アイザック――には自殺した相棒とコンビで活動していた過去があるし、それ以前に、明らかにディランだってキャラが最後にちょっとだけ出てくる(歌声を聴いた途端にディランだとわかるのがすごい)。
 ということでこの映画の主人公は邦題のサブタイトルにもなっている通り「名もない男」。まぁ、仮にもレコードを出しているのだから、まったく無名ってことはないだろうけれど、それでも自宅さえないんだから生活力はゼロ。歌手仲間(なんとジャスティン・ティンバーレイクだそうだ)の恋人(キャリー・マリガン)に手を出して妊娠させちゃったりもしているし、世話になった家の愛猫を行方不明にさせちゃったりもする。そんな憎みきれないろくでなし(いや、妊娠させた女の子からはおそらく憎まれている)。
 でもこの人、とりあえず歌とギターは上手いです。『スター・ウォーズ』の彼がこんなに歌えて弾ける人だとは思わなかった。
 そういや、この映画には彼と一度だけ一緒に仕事をする低音ボイスの歌手役で、カイロ・レン役のアダム・ドライバーも出ている(このころはまだ細め。ほんと最近よく見るな)。彼もセールスは主人公とどっこいという役どころ。『スター・ウォーズ』のメイン・キャストが揃って売れない歌手役で競演しているという。そういう意味でもなかなか興味深い作品かもしれない。
 まぁ、なんにしろこれもひとつ前の『シリアスマン』ほどではないけれど、なにが描きたかったんだか、いまいちよくわからない映画だった。とくにジョン・グッドマン演じるジャズ・ミュージシャンとのシカゴへの珍道中とか、なんだったんだろうって感じ。でもまあ、『シリアスマン』よりは楽しく観れました。
 月並みだけれど、ポスターにもなっている猫にまつわるエピソードがいい。猫好きの人はぜひ。
(May. 24, 2020)

Western Stars

Bruce Springsteen / 2019 / CD

Western Stars -Digi-

 これも去年の六月リリースだから、ほぼ一年前の作品。『Western Stars』というタイトルといい、馬のイラストのジャケットといい、「カントリー・ウエスタン?」って思ってしまうようなブルース・スプリングスティーンの最新アルバムは、その音作りでも意表をついていた。
 このアルバムで印象的なのはなんといっても、アルバム全体に彩りを添えているストリングスの存在(ちっともカントリー・ウエスタンじゃない)。
 ロックにストリングスを使うこと自体はとくに珍しくないし、たぶんスプリングスティーンだって過去にやったことがないわけではないと思うんだけれど(いつといわれてもお答えできませんが)、でもこのアルバムではそれが大成功して、作品をひとつ上のグレードに引き上げている。
 アメリカン・ロックの象徴としてバンド・サウンドには誰よりもこだわっているだろうスプリングスティーンが、そのソロ作品に積極的にオーケストラを取り入れて成功を収めるなんて誰が思うかって話で。
 いや、べつにスプリングスティーンにそういう方面の才能やセンスがないと思っているわけではなく、そっちのほうへ行こうと思うとは思わなかったという話。
 でも考えてみれば、E・ストリート・バンドと一緒にやっているときは別として、ソロ名義でプライベート色の濃い作品では、ボスはけっこういろいろ試行錯誤をしてみせているんだった。
 全編アコギの弾き語りだった名盤『Nebraska』に始まり、『Tunnel of Love』でのホームレコーディング感のあるシンセ・サウンドしかり、『Devils & Dust』での弾き語りに繊細に音を重ねたようなアプローチしかり。今回のオーケストラの起用はそういう流れの最新版(豪華版?)なんだろうなと思う。
 とにかくこのアルバムは、弦楽を取り入れたウェルメイドで豊かな音の感触と、スプリングスティーンの朗々たるボーカルの組み合わせが素晴らしい。近年のボスの作品でもっとも評価が高いのも納得の一枚。
(May. 17, 2020)

Kicks

Rickie Lee Jones / 2019 / CD

Kicks

 去年のオーチャード・ホールでの来日公演からかれこれ一年。つまりそのライヴの直前にリリースされたこのアルバムも一年前の作品ということになるのだけれど、やっぱひとことくらいなにか書いとかなきゃってことで、いまさらながら。
 リッキー・リー・ジョーンズの最新作は『Girls at Her Volcano』からカウントすると通算五枚目となるカバー・アルバム。
 ライブ盤だった『Girls at Her Volcano』やオールディーズ集の『Pop Pop』を別とすると、それ以降の三枚はどれも普通に好きなロック・ナンバーをカバーしましたって感じの作品なので、僕みたいな平凡なロック・ファンにとっては、とても聴きやすい。
 まぁ、ストーンズの『悪魔を憐れむ歌』なんかを聴かせてくれた前回の『The Devil You Know』とは違って、今回の作品では僕になじみのあるアーティストの曲はひとつも取り上げられていないけれど、それでもバッド・カンパニーやエルトン・ジョン、アメリカ、スティーヴ・ミラー・バンドなど、聴く人にとってはとてもポピュラーなんだろうってナンバーが並んでいる(とはいえ、いちばんメジャーそうなのは『マック・ザ・ナイフ』?)。
 音作りの感触は前作の『The Other Side of Desire』と同系統。弦やホーン、電子ピアノにスティール・ギターなど、けっこう多彩な音が加わっているわりには、全体的に印象はとても控えめで、アコースティックで温かみのあるバンド・サウンドがとても心地よい。
 個人的なお気に入りは去年のライブで聴かせてもらったアメリカの『Lonely People』。電子ピアノとチェロの音が印象的なとても可愛い曲。
 ほかだと『Nagasaki』なんてタイトルの曲があるのも、日本人としては気になるところ。この曲はベニー・グッドマンなどのバージョンが有名なオールディーズとのこと(なにがどう長崎なのは知りません)。
 あと、最後から二番目に収録されているスキータ・デイヴィスという女性のヒット曲『The End of the World』は、『この世の果てまで』という邦題で、カーペンターズや竹内まりや、原田知世も取り上げている大ヒット曲らしい。いわれてみれば聴いたことがあるような……というレベルなのがわれながら残念だ。
(May. 17, 2020)

シリアスマン

ジョエル&イーサン・コーエン監督/マイケル・スタールバーグ/2009年/アメリカ/WOWOW録画

シリアスマン (字幕版)

 このところマーベルを中心に気楽に観られるエンタメ映画ばかり観ていて、大好きだったはずのコーエン兄弟やイーストウッドの監督作品で観ていない作品がけっこう増えてしまったので、ここいらで最近の作品を一気に観てしまおうって気になった。
 ということでまずは、2009年のコーエン兄弟のこの作品から。
 ――って、いやしかし。この映画はなんなんでしょうかね。
 この映画でコーエン兄弟が描くのは、小さなトラブルの連続に悩まされるユダヤ人の大学教授の話。
 主人公のマーク・スタールバーグは『ボードウォーク・エンパイア』でロススタイン役を演じていた人で――まぁ、いわれないとそうとはわからない――ギャング役だったあのドラマとは打って変わって、ここでの役どころはいたって善良な小市民。
 そんな彼のもとにささやかで不条理な不幸がつぎつぎと巻き起こる。
 無職の兄が居候としていすわり、妻は唐突に離婚を切り出し、その愛人からは自宅を追い出され、大学での永年教職権の審査もなんだか怪しいことに……。
 悩んだ彼はユダヤ教のラビに相談に行くのだけれど、会う人、会う人、くわせものばかり。はてさて、この人は最終的にどうなっちゃうんだろう――と思って観ていたら、この映画は「えっ」って思うような唐突な終わり方をする。
 いったいコーエン兄弟がこの映画でなにを描きたかったのか、僕にはまったくわかりません。そもそも冒頭の前世紀のオカルトっぽいシーケンスはその後にどう絡んでいるんだろうか? あの最後のラビが最初に出てきたラビと同じ人ってこと?
 ――うーん、ぜんぜんわからない。
 たまにこういう作品があるから、コーエン兄弟の作品を観るには覚悟がいるんだよなって。自分が最近マーベルばかり観ている理由が腑におちた一編。
(May. 17, 2020)

これ以前の更新履歴はこちら
【相棒】
しろくろや

【過去のコンテンツ】
Coishikawa Scraps Bootleg

【Shortcuts】
音楽 CD/DVD / ライブ / エレカシ / 購入
作品 / 作家 / 翻訳家 / 読了 / 積読
映画 作品 / 監督 / 俳優 / 公開年 / シリーズ
蹴球 日本代表 / Jリーグ / 鹿島 / W杯

【新譜リリース予定】
06/03 / さユり
06/12The Prettiest Curse / Hinds
06/12Pick Me Up Off The Floor / Norah Jones
06/12MTV Unplugged (Live At Hull City Hall) / Liam Gallagher
06/17サテスハクション / 奥田民生
06/19Homegrown / Neil Young
06/19Rough and Rowdy Ways / Bob Dylan
06/19Punisher / Phoebe Bridgers
06/26Women In Music Pt.III / Haim
07/10None Of Us Are Getting Out Of This Life Alive / The Streets
08/05朗らかな皮膚とて不服 / ずっと真夜中でいいのに。
09/18Such Pretty Forks In The Road / Alanis Morissette

【ライヴ】
08/06ずっと真夜中でいいのに。@幕張イベントホール

【新刊書籍】
06/04『村上T 僕の愛したTシャツたち』 村上春樹

【新刊コミックス】
06/04『ワールドトリガー(22)』 葦原大介
06/09『東京トイボクシーズ(1)』 うめ
07/03『僕のヒーローアカデミア(27)』 堀越耕平