Welcome

更新履歴

2019-08-15映画 『最強のふたり』 New!
2019-08-12サッカー J1 第22節・鹿島-横浜FM
2019-08-10映画 『ストレンジャー・シングス 未知の世界3』
2019-08-08映画 『ローリング・サンダー・レビュー』
2019-08-06サッカー J1 第21節・湘南-鹿島
これ以前の更新履歴はこちら

直近のイベント

08/16This Is Not A Safe Place / Ride
08/16The Center Won't Hold / Sleater-Kinney
08/17SUMMER SONIC 2019
08/17[J1・第23節] 大分-鹿島

新譜

i,i いちご The Big Day [Explicit] Fever Dream -Digi/Ltd- 昇る太陽 天気の子 King's Mouth aurora arc (初回限定盤B)(CD+BD) i (通常盤) ANIMA [輸入盤CD] (XL987CD) Originals

マンガ新刊

僕と君の大切な話(6) (デザートコミックス) カカフカカ(9) (Kissコミックス) 逃げるは恥だが役に立つ(10) (Kissコミックス) MIX (15) (ゲッサン少年サンデーコミックス) おとななじみ 1 (マーガレットコミックスDIGITAL) NとS(2) (デザートコミックス) GIANT KILLING(52) (モーニング KC) おおきく振りかぶって(31) (アフタヌーンコミックス) ジョジョリオン(21) (ジャンプコミックス)

読書中

本当の翻訳の話をしよう

準備中

レディ・バード (字幕版) ジョン・ウィック(字幕版) 手掘り日本史 (文春文庫)
Greatest Hits
Fuji Rock Festival
昇る太陽
オハラ☆
ブレイク

Google 検索

Google

New Scraps

最強のふたり

エリック・トレダノ監督/フランソワ・クリュゼ、オマール・シー/2011年/フランス/Amazon Prime Video

最強のふたり (字幕版)

 iMDBのトップ250で上位(現在40位)に入っているので観てみようと思った作品。
 なんでも東京国際映画祭でグランプリをとって、日本で上映されたフランス映画では興行成績が歴代一位なんだそうだけれど、そんな人気作とはつゆ知らず。それどころか、フランス映画ということさえ知らず、ずっとアメリカの映画だと思い込んでいて、観初めてから、「え、英語じゃないのか!」と驚いたくらいだった。
 アメリカの作品だと思い込んでいたのは、この映画のあらすじ――全身麻痺の大富豪が酔狂で雇った黒人の介護人と深い友情を育んでゆくという実話ベースの物語――がいかにもハリウッドっぽかったから。
 いざ観てみたら、音楽の使い方なんかは、いかにもフランス映画って感じだけれど、作品全体のテイストはこれまでに僕が観てきたフランス映画のなかでは、もっともアメリカンなタッチだった。つまりとても観やすかった。
 この手の作品だと主人公のふたりが親しくなったあとで喧嘩別れして仲直りして……みたいな話になりそうなところだけれど、この映画の場合そうではなく、お互いが最初から最後まで相手を尊重しあって良好な関係を築いているところがいい。観ていて気持ちいい。
 黒人のドリス(オマール・シー)はそもそも介護人になりたくてフィリップのもとを訪れたわけではなく、たんに失業保険をもらうために必要な就活の実績を作るため、最初から不採用になるつもりでフィリップ(フランソワ・クリュゼ)のもとへとやってきた前科者だ。
 フィリップはそんな彼に興味を持ち、介護人に雇って自分の面倒を見させる。実家を追い出されて済む場所にも困っていたドリスは、豪邸での住み込みの仕事と大富豪の挑発の言葉につられて、その仕事を引き受ける。
 ただ、もとからそんな仕事に興味のないドリスの態度はいたってニュートラル。相手が障害者だからといって大げさに同情を寄せたり、媚を売ったりしない。自分を対等に扱う、いたって自然体のドリスに好意を持ったフィリップは、周囲の心配をよそに、日々ドリスとの交友関係を深めてゆく。
 生まれも育ちも年齢も肌の色も違うふたりが、そんなお互いの違いを超えて友情を育んでゆく。この映画はそんないかにも感動的な話を、あまりべたべたしない絶妙な距離感の演出で描いてみせる。
 なるほど、iMDBの好評価や東京国際映画祭のグランプリも納得のいい映画でした。
(Aug. 13, 2019)

鹿島アントラーズ2-1横浜F・マリノス

J1・第22節/2019年8月10日(土)/カシマサッカースタジアム/DAZN

 やった~、上田綺世のプロ初ゴールでマリノスとの上位対決に勝利して2位に浮上!
 この日の鹿島のイレブンは、GKクォン・スンテ、DF小泉、ブエノ、犬飼、小池、MF三竿、名古、セルジーニョ、白崎、FW土居、伊東という顔ぶれ。
 なぜだか前節で復帰したチョン・スンヒョンがいない。でもってかわりが町田ではなく、ブエノだったりする。そして右SBが永木ではなく、新加入の小泉慶ときた。
 攻撃力が売りのマリノス相手にこんな不慣れな最終ラインで大丈夫なの?――とちょっと心配だったのだけれど、これが意外となんとかなる。今年の鹿島はこれだけ入れ替えが激しい中でも、誰が出ても一定の戦いができるのがすごいかもしれない。
 そういや、レアンドロもいない。そのかわりってわけではないけれど、三日前に名古屋からのレンタル移籍が発表されたばかりの相馬勇紀がもうベンチ入り。後半の途中からピッチに立った。
 対するマリノスは天野純がシーズン途中で海外移籍、得点王争いをしているエジガル・ジュニオが骨折で戦線離脱、三好はなぜだかベンチスタートと、こちらにとってはラッキーな状況。でも遠藤渓太や仲川にはやられているイメージがあるし、マルコス・ジュニオールというブラジル人もよかった(見た目はいかついけれど、愛称はクリリンらしい)。五輪代表のころから個人的にお気に入りの大津と扇原もスタメンだった。前回の対戦では負けているし、楽な試合にはならないよなぁと思っていたら、試合は思わぬ形でいきなり動く。
 開始わずか30秒。最前線からプレッシャーをかけて相手のミスからボールを奪った鹿島が、セルジーニョのゴールでいきなり先制してくれる。
 これでずいぶん楽にはなったけれど、それでもその後はマリノスが7割近くボールを保持する受身の展開がつづく。終わってみればシュート数はマリノスの17に対して、鹿島が7だそうだから、それだけ押し込まれていたってことだろう。まぁ、それでも惜しいシュートはこちらのほうが多かった気がした。
 残念だったのは、後半に土居がゴールを決めたのに、オフサイドで取り消されたこと。副審がオフサイドの旗をあげなかったのに、あとから協議でオフサイドの判定が下るなんて、そんなのあり?
 この試合の主審は小屋という人で、キャリアが浅いのか、どうにも納得のゆかないジャッジが多かった。後半のロスタイム5分が3分以上経過するまで表示されなかったりもしたし。せっかくの上位対決なんだから、もっと経験値の高い人にさばいて欲しかった。
 試合はそのあとに仲川にヘディングを決められて同点。オフサイドかと思ったら、ゴールラインを超えたところで犬飼がこけていたせいでオフサイドにならなかったっぽい。なにやってんだかなぁ……。
 前回の対戦でも同じように仲川のゴールで同点にされての逆転劇だったので、嫌な展開だなぁと思ったのだけれど、でもマリノスはそのあとに扇原が2枚目のイエローカードをもらって退場になってしまったので、おかげでそこからは比較的楽な展開になった。それにその同点ゴールがあったからこそ、上田綺世の決勝ゴールがなおさら感動的だったわけだから、結果オーライ。
 上田綺世、それほどガタイがよいふうには見えないんだけれど、あたり負けないし、ヘディングも強そうだし、ポジショニング抜群だしで、なんかFWとしてはオールラウンダーっぽい。柳沢を令和向けにグレードアップしたような印象で、すごく期待できそうな感じ。でもレベルが高い分、安部裕葵と同じように来年にはもう海外に引き抜かれて、いなくなってんじゃないかって気がする。
 相馬も出番は10分ちょいだったけれど、コロコロとした体形で小気味よくドリブルで仕掛けてゆくプレーで持ち味を発揮していたし、新加入の選手たちがちゃんと戦力として計算できるのが嬉しい。
 もうひとりの途中出場は永木で、つまりこの日ピッチに立った選手14人のうち、じつに半分が今年の新加入選手だってことになる。それでここまで2位の成績を残しているんだから、あっぱれだ。大岩のこと、ちゃんと評価しないといけないかもしれない。
(Aug. 10, 2019)

ストレンジャー・シングス 未知の世界3

ザ・ダファー・ブラザーズ制作/ウィノナ・ライダー、デヴィッド・ハーパー/2019年/アメリカ/Netflix(全8回)

 80年代のアメリカの片田舎を舞台に、ここではない世界とつながった小さな町で少年少女がモンスターと戦う大人気ドラマの第三シーズン。いろいろとやることが多くて大変な昨今だけれど、これは観ないわけにはいかない。
 前作の最後でエル(ミリー・ボビー・ブラウン)の活躍によりふさがったはずの未知の世界との通路がソ連のせいでふたたび(ちょっとだけ?)開いてしまい、そこから忍び込んできたなにかが町の人々に次々と寄生してゆく……というのが今回の話。
 前作で少年たちの仲間になったマックス(セイディー・シンク)の悪い兄貴ボビー(デイカー・モンゴメリー)が予想外に重要な役どころを演じていたり、彼に悪役を譲ったスティーヴ(ジョー・キーリー)がコミカルな役どころで、すっかりメイン・キャラになっていたりと、三年目ってことでずいぶんと人間模様も変わってきている。子供たちもずいぶんと大きくなったしねぇ……。
 あと、今シーズンで初登場した重要キャラが、スティーヴのパートナー的な役割を果たすロビン役のマヤ・ホーク。この人は本名をマヤ・レイ・サーマン・ホークというそうで、その名のとおり、ユマ・サーマンとイーサン・ホークの娘なんだとか。おー。
 そんなふうに魅力的なニュー・キャラクターが登場する一方で、今回も最後に予想外の人物がリタイアしてる。
 そうだった、忘れていたけれど、このドラマって最初から、ファーストのバーバラとか、セカンドのボブとか、魅力的なキャラクターを惜しげもなく葬ってきたんだった。それにしても今回のそれは……。
 まさかこのドラマにこんなに泣かされるとは思わなかった。今回のラストには『アベンジャーズ/エンド・ゲーム』に近い感触がある。いやぁ、やられました。その展開は予想外すぎた。
 どうすんだよ、このあと……。
(Jul. 23, 2019)

ローリング・サンダー・レビュー マーティン・スコセッシが描くボブ・ディラン伝説

マーティン・スコセッシ監督/2019年/アメリカ/Netflix

 ボブ・ディランがのちに名盤『欲望』を生み出すきっかけとなった伝説のコンサート・ツアー、『ローリング・サンダー・レビュー』の貴重な映像をマーティン・スコセッシが編集した(擬似)ドキュメンタリー・フィルム。これがネットフリックス限定での公開って、もったいなさ過ぎる。素晴らしい内容なので、きちんとパッケージでリリースして欲しい。
 この映画、実際に過去の映像を使っているので、基本的にはドキュメンタリーなんだけれど、どうも新しいインタビュー映像のほとんどがフェイクらしい。「私が金を出してフィルムに撮りました」と語っている映画監督は実存しないそうだし、シャロン・ストーンが「ママと一緒にライヴを観に行ったら、ディランに気に入られてツアーに帯同するよう誘われた」と語っているのも嘘なんだとか。そんなのわかるわけないじゃん! スコセッシも罪作りなことするなぁ……。
 まぁ、そんなわけでなにを信じていいのやらって作品なのだけれど、でも過去の映像は(おそらく)フェイクなし。正真正銘のお宝映像の宝庫。ディランのライブ・パフォーマンスは当然として、パティ・スミスやジョニ・ミッチェルの貴重なパフォーマンスなんかも収録されている。アレン・ギンズバーグの奇人ぶりが伝わってくる映像もあちらこちらにあるので、ビートニク文学に興味がある人も必見。
 個人的にもっともインパクトがあったのが、ディランの白塗りメイクを真似て、ディランに化けてみせるジョーン・バエズ。ディランと互角にやりあえる女性って、世界中でもこの人しかいないんじゃないでしょうか。ジョーン・バエズすげーって思った。
(Jul. 23, 2019)

湘南ベルマーレ3-2鹿島アントラーズ

J1・第21節/2019年8月3日(土)/Shonan BMW スタジアム平塚/DAZN

 負けちゃいけない試合だったよなぁ……。
 二桁順位の湘南ベルマーレに、ロスタイムの最後の最後にゴールを食らっての敗戦。あの時間帯のCK、まずいかと思ったんだよなぁ……。
 この日の鹿島のスタメンは、クォン・スンテ、永木、チョン・スンヒョン、犬飼、小池、三竿、名古、レアンドロ、白崎、土居、セルジーニョの11人。途中出場は伊藤翔、山本脩斗、上田綺世だった。
 故障明けのチョン・スンヒョンが町田にかわってスタメン起用されたのが、前節・浦和戦との唯一の違い。でもそれってどうなの?
 その試合から中2日だ。しかも先週の梅雨明け以来、連日むちゃくちゃ暑くて、試合中は給水タイムが取られるくらいだ。攻撃的なポジションはもっとローテーションがあってよかったと思うし、チョン・スンヒョンを使うのも、もう一節待ってもよかったと思う。3失点もしているので、なおさらそう思ってしまう。だって、町田がスタメンのときにそこまで失点したことってないでしょう?
 まぁ、前節のドローは町田の責任が大きかったかもしれないけれどさ。でも彼は鹿島の未来を託しえる素材でしょうよ。そこは大目に見て、もっとチャンスあげようよ。
 試合内容的には前半を押され気味ながらドローで終えたので、後半でどうにかなるかと思ったら、逆に後半の早い時間に一気に2失点を許す苦しい展開。
 どちらのゴールもカウンターで走り負けた感じだったので、やはり走力自慢の湘南相手に中2日はきびしかったのだろう。なんたってあちらは約2週間ぶりの試合だったわけだし。
 でもそこから2ゴールを奪って同点に追いついた戦いっぷりは立派だった。
 セルジーニョの追撃弾は、右からの崩しで白崎→土居と渡ったボールを、ゴール前の混戦に飛び込んだセルジーニョが決めたもの。でもって同点弾は白崎がもらったPKを伊藤翔が決めた。伊藤翔はPKながら、これで2試合連続ゴール。
 後半はこの同点弾のあとも基本的には押し気味の試合運びができていたので、勝てないまでも負けはないと思っていたんだけれどなぁ……。
 6分もあったロスタイムの最後のワンプレー、こちらの右サイドからのCKをファーで坂という選手に決められてしまった。
 マークについていた永木は、背後からきた敵に反応できず。まぁ、あそこに背の低い永木がいたのが運の尽きだった。殊勲の坂もけっして背の高い選手じゃないんだけれど、最後の最後にあのシュートはあっぱれでした。ちくしょう。
 湘南はスタメンは全員日本人で、五輪代表の杉岡と斉藤未月、あと決勝のCKを蹴った途中出場の梅崎くらいしか、有名な選手がいないんだけど、とてもサッカーをしていた。みごとやられました。やれやれ。
 2試合連続出場の上田綺世は、前の試合はまだ特別指定選手だったそうなので、これが正式に鹿島の選手としての初めての出場。でもって2試合連続の苦い結末。次はちゃんと勝利の美酒を味わって欲しいもんだ。
 いやしかし、これで前節で4まで縮まった首位・FC東京都の勝ち点差はふたたび7だよ。痛いなー。残り試合も少なくなってきたから、これ以上離されたらまずい。もうひとふんばりして、最後までくらいついていって欲しい。
(Aug. 04, 2019)

【相棒】
しろくろや

【過去のコンテンツ】
過去の噂

【Shortcuts】
音楽 CD/DVD / ライブ / エレカシ / 購入 / 新譜
作品 / 作家 / 翻訳家 / 読了 / 積読 / マンガ
映画 作品 / 監督 / 俳優 / 公開年 / シリーズ
蹴球 日本代表 / Jリーグ / 鹿島 / W杯

【New Releases】
08/16This Is Not A Safe Place / Ride
08/16The Center Won't Hold / Sleater-Kinney
08/28エルマ / ヨルシカ
08/30Norman Fucking Rockwell / Lana Del Rey
08/30Threads / Sheryl Crow
09/11馬と鹿 / 米津玄師
09/13Beneath the Eyrie / The Pixies
09/13Metronomy Forever / Metronomy
09/20Why Me? Why Not. / Liam Gallagher
10/02スターシャンク / Cocco
10/04Ode To Joy / Wilco
10/09見っけ / スピッツ
10/09Everything Not Saved Will Be Lost Part 2 / Foals
10/30潜潜話 / ずっと真夜中でいいのに。

【ライヴ】
08/17SUMMER SONIC 2019
10/10The Birthday@Zepp DiverCity TOKYO
10/23ずっと真夜中でいいのに。@Zepp Tokyo
12/05U2@さいたまスーパーアリーナ

【サッカー観戦予定@TV】
08/17[J1・第23節] 大分-鹿島
08/23[J1・第24節] 鹿島-G大阪
08/28[ACL・準々決勝] 広州恒大-鹿島
09/05[親善試合] 日本-パラグアイ
09/10[W杯予選] ミャンマー-日本
09/14[J1・第25節] 鹿島-F東京
09/18[ACL・準々決勝] 鹿島-広州恒大

【新刊書籍】
08/27『スタン・ゲッツ:音楽を生きる』 村上春樹・訳

【新刊コミックス】
02/20『ワカコ酒(13)』 新久千映
08/23『宇宙兄弟(36)』 小山宙哉
08/23『テリトリーMの住人(8)』 南塔子
08/24『アイネクライネナハトムジーク (下)』 いくえみ綾
08/30『バディドッグ(7)』 細野不二彦
09/04『異世界居酒屋「のぶ」(9)』 ヴァージニア二等兵・蝉川 夏哉
09/18『MAO(1)』 高橋留美子
09/18『高橋留美子傑作集 魔女とディナー』 高橋留美子
09/25『アシガール(13)』 森本梢子
09/25『椿町ロンリープラネット(14)』 やまもり三香
09/25『いくえみ綾デビュー40周年 スペシャルアニバーサリーブック SMILE!』