Menu

Recent Notes

  1. 最強のふたり
  2. ストレンジャー・シングス 未知の世界3
  3. ローリング・サンダー・レビュー
  4. セブン
  5. ロッキー・ザ・ファイナル
    and more...

最強のふたり

エリック・トレダノ監督/フランソワ・クリュゼ、オマール・シー/2011年/フランス/Amazon Prime Video

最強のふたり (字幕版)

 iMDBのトップ250で上位(現在40位)に入っているので観てみようと思った作品。
 なんでも東京国際映画祭でグランプリをとって、日本で上映されたフランス映画では興行成績が歴代一位なんだそうだけれど、そんな人気作とはつゆ知らず。それどころか、フランス映画ということさえ知らず、ずっとアメリカの映画だと思い込んでいて、観初めてから、「え、英語じゃないのか!」と驚いたくらいだった。
 アメリカの作品だと思い込んでいたのは、この映画のあらすじ――全身麻痺の大富豪が酔狂で雇った黒人の介護人と深い友情を育んでゆくという実話ベースの物語――がいかにもハリウッドっぽかったから。
 いざ観てみたら、音楽の使い方なんかは、いかにもフランス映画って感じだけれど、作品全体のテイストはこれまでに僕が観てきたフランス映画のなかでは、もっともアメリカンなタッチだった。つまりとても観やすかった。
 この手の作品だと主人公のふたりが親しくなったあとで喧嘩別れして仲直りして……みたいな話になりそうなところだけれど、この映画の場合そうではなく、お互いが最初から最後まで相手を尊重しあって良好な関係を築いているところがいい。観ていて気持ちいい。
 黒人のドリス(オマール・シー)はそもそも介護人になりたくてフィリップのもとを訪れたわけではなく、たんに失業保険をもらうために必要な就活の実績を作るため、最初から不採用になるつもりでフィリップ(フランソワ・クリュゼ)のもとへとやってきた前科者だ。
 フィリップはそんな彼に興味を持ち、介護人に雇って自分の面倒を見させる。実家を追い出されて済む場所にも困っていたドリスは、豪邸での住み込みの仕事と大富豪の挑発の言葉につられて、その仕事を引き受ける。
 ただ、もとからそんな仕事に興味のないドリスの態度はいたってニュートラル。相手が障害者だからといって大げさに同情を寄せたり、媚を売ったりしない。自分を対等に扱う、いたって自然体のドリスに好意を持ったフィリップは、周囲の心配をよそに、日々ドリスとの交友関係を深めてゆく。
 生まれも育ちも年齢も肌の色も違うふたりが、そんなお互いの違いを超えて友情を育んでゆく。この映画はそんないかにも感動的な話を、あまりべたべたしない絶妙な距離感の演出で描いてみせる。
 なるほど、iMDBの好評価や東京国際映画祭のグランプリも納得のいい映画でした。
(Aug. 13, 2019)

ストレンジャー・シングス 未知の世界3

ザ・ダファー・ブラザーズ制作/ウィノナ・ライダー、デヴィッド・ハーパー/2019年/アメリカ/Netflix(全8回)

 80年代のアメリカの片田舎を舞台に、ここではない世界とつながった小さな町で少年少女がモンスターと戦う大人気ドラマの第三シーズン。いろいろとやることが多くて大変な昨今だけれど、これは観ないわけにはいかない。
 前作の最後でエル(ミリー・ボビー・ブラウン)の活躍によりふさがったはずの未知の世界との通路がソ連のせいでふたたび(ちょっとだけ?)開いてしまい、そこから忍び込んできたなにかが町の人々に次々と寄生してゆく……というのが今回の話。
 前作で少年たちの仲間になったマックス(セイディー・シンク)の悪い兄貴ボビー(デイカー・モンゴメリー)が予想外に重要な役どころを演じていたり、彼に悪役を譲ったスティーヴ(ジョー・キーリー)がコミカルな役どころで、すっかりメイン・キャラになっていたりと、三年目ってことでずいぶんと人間模様も変わってきている。子供たちもずいぶんと大きくなったしねぇ……。
 あと、今シーズンで初登場した重要キャラが、スティーヴのパートナー的な役割を果たすロビン役のマヤ・ホーク。この人は本名をマヤ・レイ・サーマン・ホークというそうで、その名のとおり、ユマ・サーマンとイーサン・ホークの娘なんだとか。おー。
 そんなふうに魅力的なニュー・キャラクターが登場する一方で、今回も最後に予想外の人物がリタイアしてる。
 そうだった、忘れていたけれど、このドラマって最初から、ファーストのバーバラとか、セカンドのボブとか、魅力的なキャラクターを惜しげもなく葬ってきたんだった。それにしても今回のそれは……。
 まさかこのドラマにこんなに泣かされるとは思わなかった。今回のラストには『アベンジャーズ/エンド・ゲーム』に近い感触がある。いやぁ、やられました。その展開は予想外すぎた。
 どうすんだよ、このあと……。
(Jul. 23, 2019)

ローリング・サンダー・レビュー マーティン・スコセッシが描くボブ・ディラン伝説

マーティン・スコセッシ監督/2019年/アメリカ/Netflix

 ボブ・ディランがのちに名盤『欲望』を生み出すきっかけとなった伝説のコンサート・ツアー、『ローリング・サンダー・レビュー』の貴重な映像をマーティン・スコセッシが編集した(擬似)ドキュメンタリー・フィルム。これがネットフリックス限定での公開って、もったいなさ過ぎる。素晴らしい内容なので、きちんとパッケージでリリースして欲しい。
 この映画、実際に過去の映像を使っているので、基本的にはドキュメンタリーなんだけれど、どうも新しいインタビュー映像のほとんどがフェイクらしい。「私が金を出してフィルムに撮りました」と語っている映画監督は実存しないそうだし、シャロン・ストーンが「ママと一緒にライヴを観に行ったら、ディランに気に入られてツアーに帯同するよう誘われた」と語っているのも嘘なんだとか。そんなのわかるわけないじゃん! スコセッシも罪作りなことするなぁ……。
 まぁ、そんなわけでなにを信じていいのやらって作品なのだけれど、でも過去の映像は(おそらく)フェイクなし。正真正銘のお宝映像の宝庫。ディランのライブ・パフォーマンスは当然として、パティ・スミスやジョニ・ミッチェルの貴重なパフォーマンスなんかも収録されている。アレン・ギンズバーグの奇人ぶりが伝わってくる映像もあちらこちらにあるので、ビートニク文学に興味がある人も必見。
 個人的にもっともインパクトがあったのが、ディランの白塗りメイクを真似て、ディランに化けてみせるジョーン・バエズ。ディランと互角にやりあえる女性って、世界中でもこの人しかいないんじゃないでしょうか。ジョーン・バエズすげーって思った。
(Jul. 23, 2019)

セブン

デヴィッド・フィンチャー監督/ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン/1995年/アメリカ/Netflix

セブン (字幕版)

 デヴィッド・フィンチャーの長編映画デビュー作にして、僕の考える史上最凶最悪の映画。どんなにひどい話だったか忘れたので、ひさびさに見直した。
 ほんと、数あるシリアル・キラーのサイコパスものの中でも、この映画は最悪だと思う。ひとつひとつの殺人がとても扇情的で悪趣味だし、そられを積み重ねたラストには絶望感しかない。ここまで徹底して救いようのない映画をよくぞ撮ったもんだと思う。
 あまりにひどくて言葉も出ない。最低最悪の見本のような傑作。あまりに救われないその結末に、見終わってなんだか清々しい気分になってしまった。デヴィッド・フィンチャー、おそるべし。
 いやしかし、この映画で史上最悪のクソ野郎を演じたケヴィン・スペイシーが、まさかその後、実生活において最悪のセクハラ野郎としてハリウッド中から総すかんを食らうことになろうとは……。
(Jul. 23, 2019)

ロッキー・ザ・ファイナル

シルヴェスター・スタローン監督・主演/バート・ヤング、ジェラルディン・ヒューズ/2006年/アメリカ/Amazon Prime Video

ロッキー・ザ・ファイナル (字幕版)

 前作からじつに十六年ぶりとなるシリーズ番外編。
 スタローンは1946年生まれだそうだから、この年でちょうど六十歳。還暦を迎えたロッキーがいまさら現役に復帰して世界チャンピオンと戦うという、なにそれって話になっている。でもまぁ、このシリーズは一作目からしてなにそれって話だったので、ある種のスポーツ・ファンタジーとしては、これもありなんでしょう。
 あまりに強くてあっという間に試合が終わってしまうのでつまらないと評判の世界チャンピオンが、人気者のロッキーが現役復帰すると知って、話題づくりのために試合を申し込むという展開も、おそらく第一作を踏襲しているんだろう。チャンピオン役のアントニオ・ターバーという人も本物のヘビー級チャンピオンなんだそうだ(本物のボクサーを起用するのも、何気にこのシリーズの伝統?)。
 あと、エイドリアンを失い、レストランを経営しながらひとりさびしく暮らしているロッキーが親しくなる女性(ジェラルディン・ヒューズ)が第一作にちょい役で登場した少女だったって設定がいい。親しくはなるけれど、一線は越えないところもいい。それでこそロッキー。
 ずいぶんと老けたポーリー(あいかわらずの駄目っぷり)やトレーナーのデューク(トニー・バートン)らの懐かしい顔ぶれも出てくるし、ロッキー・ジュニア(今回は実の息子さんではないマイロ・ヴィンティミリアという人)も成長した姿で出てきて、あいかわらず悩んでいる。そういうおなじみのキャラのその後の姿が見られるのがシリーズならではの魅力だ。
 五作目では描かれなかったボクサーとしてのロッキーの最後の勇姿もたっぷりと描かれているし、これはこれでなかなか捨てがたい一遍だと思う。
(May. 19, 2019)