2014年8月のサッカー

Index

  1. 08/30 △ 鹿島2-2F東京 (J1・第22節)

鹿島アントラーズ2-2FC東京

J1・第22節/2014年8月30日(土)/カシマサッカースタジアム/BS1

 およそ一ヶ月ぶりのアントラーズ戦。対戦相手はまたもやFC東京。
 このところ4連勝で首位レッズに勝ち点3差の3位という好位置につけているアントラーズだけれど、この日は小笠原、植田、遠藤の3人が累積警告で出場停止。
 出たり出なかったりの遠藤はともかく、ここまで全試合出場のキャプテン小笠原と、すっかり最終ラインのレギュラーに定着した植田を欠くのは、やや不安があった。相手のFC東京もここんところ公式戦7試合負けなしと好調なだけに。
 ところが意外や意外。前半の鹿島は文句なしの内容で、FCを圧倒してみせる。
 この日のスタメンはGK曽ケ端、DF西、昌子、山村、山本、MF梅鉢、柴崎、カイオ、ジョルジ・ワグネル、土居、FWダヴィという布陣。
 この時期になって急きょ移籍のきまった元レイソルのジョルジ・ワグネルが初出場。野沢が移籍してしまったとはいえ(涙)、中盤のタレントは揃っているのだから、若返りを図るいまのチームに、いまさら彼のようなベテランが必要な補強なのか疑問だったのだけれど、そこはさすが実績十分なベテラン。まるでもう何年も鹿島にいるかのような自然さで中盤に溶け込んでいて、おかしいやら、頼もしいやら。この先どういう使い方をしてゆく気かわからないけれど、けっこう貴重な戦力になりそうな感じだった。
 そんな新戦力ジョルジ・ワグネルを加えた中盤は流動的にポジションを入れ替えながらボールをまわして、分厚い攻撃を見せてくれた。
 西のクロスをファーサイドでフリーで受けた土居が決めた1点目も、ソガからのロングフィードをダヴィが高橋秀人からかっさらい、ギリギリのところでGKをかわしてしぶとく決めた2点目も──ようは相手のミスからの個人技という形ではあったけれど──、ともに見事な得点だった。
 後半もこの調子ならば、今日は楽しょー、とか思っていたんだけれど、そうは問屋が卸さないのがFC東京戦。後半わずか4分に、ペナルティ・エリア内に飛び込んできた武藤(祝日本代表選出!)に山村が蹴りを入れてしまい、PK献上。
 後半の頭からエドゥーと三田を入れて前がかりになったFC東京に──というか、このふたりがベンチスタートってFC東京の戦力もすごい──、その後も押し込まれる展開に、トニーニョ・セレーゾは梅鉢(前半はいいプレーを見せていたけれど、この辺からガス欠気味だった模様)を青木にかえて、守備の安定を図る。
 ところが、この青木投入が裏目に出てしまった。エドゥーへチャージの際に足の裏をみせたプレーを問題視されて、青木はわずか10分足らずの出場で一発レッド(でもあれでレッドはないでしょう?)。残り20分をアントラーズはひとり少ない人数で戦うことを余儀なくされる。
 その後、カイオに替えて中田浩二を入れて、なんとか逃げ切りろうとするも、山村のクリア・ミスを武藤に決められて、ついに同点。
 終わってみれば、2失点ともに中盤でボールが収まらなくなった時間帯に、山村のミスから奪われたものだから、やはりオガサと植田の欠場が響いたのかなって思いたくもなってしまう。山村も才能では決して植田に引けを取る選手じゃないはずなんだけれど、やはり試合勘が足りないんだろう。残念。
 青木が退場になるちょっと前には、ジョルジ・ワグネルにかえて18歳のルーキー、杉本太郎くんが途中出場しているのですが、でも彼がどんなプレーをしていたか、とんと印象にない。というか、後半は娘が帰宅して夕食の時間になってしまったので(女子高生、帰宅が遅い)、あまりしっかりとは観れていないんだった。
 なんにしろ、これで今年のFC東京との対戦結果は2引き分け。いつの間にか順位もけっこう近くなったし、なんかいい感じのライバルって感じになっている。
(Aug 31, 2014)